夏の12時間耐久レポート

7月23日日曜日に行われた第2戦、12時間耐久レースレポートです。

今年の12時間耐久は、両下肢障害のドライバーが4名、右足義足のドライバーが1名、右上肢障害のドライバーが1名、計6名のドライバーで挑戦です。

レーススタートは朝8時ですが、様々な準備が必要なので、集合は午前2時。まだ真っ暗です。

前日の土曜日から月曜日の朝まで、監督は2日連続の徹夜となります(泣)

今回の目標は、昨年の総合順位36位を超える、30位以内です。しかし、12時間は本当に長いレース。何が起きるか全くわかりません。

曇り空のため気温は27,8度止まり。ドライバーにとっては体力的にかなり楽だとは思いますが、それでも車内は暑い・・・

今回は車いすドライバーが多いので、ドライバー交代はいつもよりも素早くしないと、健常者チームに勝てません。

交代した後は、コースの状況や、車の状態について、次のドライバーへ口頭で情報を伝えなければなりません。

耐久レースはチーム戦です。次のドライバーへ確実に車を渡す、という責任感が何より重要です。

さらにドライバーだけでなく、給油スタッフ、メカニックの他、12時間ずっとサインエリアでサインボードを出すスタッフの協力があってこその耐久レースです。

 

スタートから順調に順位を上げ、一時はクラス10位~15位程で周回していましたが、スタートから6時間経過後、ドライブシャフトトラブルがあり、1時間ほど修理のためストップ。

順位を大きく落としてしまいました。

さらに、ゴールまで残り1時間半のところで、今度はABSトラブルが発生。

残念ながらこの時点で走行は危険と判断。止む無くリタイヤです。

20時のゴール。

走行はできませんでしたが、何とか手押しでゴールラインを切って、リザルト上は完走扱いです。

今回の12時間耐久は、久しぶりの車両トラブルで良い順位が取れませんでしたが、

チームが一丸となった素晴らしいレースだったと思います。

次は12月の3時間耐久。最終戦です。スプリント耐久ですので、燃費の関係で私たちのチームには有利なレース。表彰台を目指します。

皆さんの応援に感謝です!

by 監督

2017年08月09日